2021/11/26 ハロー!日記、更新しました

乙女ゲーにおける自己投影と第三者視点

  • URLをコピーしました!

なんか硬いタイトルになったけれど、ふわふわした文です。すみません。

今日は乙女ゲーの自己投影について考えたいと思います。

私自身は自己投影しない・・・いや、出来ない。
恥ずかしくて出来ない。第三者視点としていつもプレイしています。

ときメモGSでも本名は入力しない。恥ずかしいから。
妹が本名プレイでやっているのを横から見てただけでも
すっごく恥ずかしかった名字が同じだからw

でも、一度やってみたい気持ちもあるんだ。あるんだよなぁ。

乙女ゲーやってる人たちの中でもいろんな人がいると思う。

名前変換できるゲームで

・本名プレイ
・オリジナル名プレイ
・デフォルト名プレイ

でも本当はオリジナル名でプレイしたいが
コルダ3だったら小日向かなでと入力すれば声つきだから
小日向かなででプレイしてる人もいるかもしれない。

前、書いたように私は乙女ゲー5作品のみプレイしました。
なので、それぞれのヒロイン、自己投影しやすさについて今日は書こうと思います。

ときめきメモリアルGirl’s Side

1~3で共通することは
ヒロインの台詞があるが顔出しはしないこと、デフォルト名はないこと。
3だけスチルがあるけれど顔は隠している。

f:id:ys-dogi:20190316104920j:plain
ちょっとだけ目が見えているが・・・。

名前は珍しい名前じゃなきゃ入力した名前で呼んでくれる。
1の主人公は無個性だなと思ったけれど2、3と進むにつれて個性が強くなった印象。
3のPSP版は天使と小悪魔があるし。
ただ、自己投影はしやすいほうだと思う。
気配りパラによって合宿の料理が上手か下手になるの面白かった。
パラ次第で運動神経がいい悪い、頭良い悪いと出来るのが最大の良いところ。
ときメモだけは名前は本名じゃなくても自己投影してる瞬間があった。

ワンド オブ フォーチュン

台詞がある、顔出しあり。デフォルト名はルル。性格は明るい。
ルルは可愛いです。個人的に好きなヒロインの一人です。
自己投影がしたい人にはおすすめできないですね。

アルカナ・ファミリア

顔出しあり。というかアニメもありましたしね。
台詞はないが無個性ではない・・・(蹴るから)
父親も出てくるし、設定がきっちりあるので自己投影したくても出来ない。
ただ可愛い。とにかく可愛い。外見だけならフェチリータちゃんが好き。

乙女的恋革命ラブレボ!!

ゲームの内容がダイエット。
主人公は100kgでマンションのオーナーの娘で
過去に美少女コンテストで優勝歴があると
バッチリ主人公の設定がある。デフォルト名は桜川ヒトミ。
スチルに顔出しあり、台詞もある。
性格はポジティブ。友達になりたいヒロイン。
自己投影は設定がガッチリあるため、しにくい。

金色のコルダ

名前変換機能あり。
1&2のデフォルト名は日野香穂子。愛称は香穂。
3&4のデフォルト名は小日向かなで。愛称はひな。
意外と1&2、3&4のヒロインって違うなぁと3ASしてて思った。
1&2は無個性で喋らないし選択肢さえ「承知する」だし
スチルは1は主人公目線のスチルばかりだったし
2やアンコールでも基本後ろ、斜め後ろしかうつらないし
目ははっきりと描かれていない。

f:id:ys-dogi:20190308134848j:plain
でも小日向ちゃんは目がはっきりと描かれていた。
特にニアルート。ニアルートのスチルはガッツリ小日向ちゃん。
(3は無印しか持ってないですがフルボイスの体験版のデータでもニアルート出来ました)
香穂子ちゃんはヴァイオリン初心者で自己投影しやすいと思うが
小日向ちゃんは昔は凄かったが今は・・・という設定があるため自己投影しにくい。
それと小日向ちゃんの印象は
よく寝坊する、よく忘れ物する、身長が低い、料理上手。
冥加さんとの過去も絡んでいるしなー。
小日向かなでじゃないとダメだろうというキャラが多い。
如月兄弟と冥加さんは自己投影しにくいと思う。

さらにはオクターヴでは(香穂子ちゃんも)歌ってた!びっくりした!
主人公は歌わないんだと思っていたから。
主人公のキャラソンあったのね・・・。

コルダ主人公はだんだん無個性とは遠くなってきている気がするのだ。
3以降は自己投影しやすいゲームとおすすめできなくなった。

ただ、コルダの良いところって恋愛だけじゃないと思っている。
攻略キャラの音楽に対する熱い気持ちを感じ取れたときが
私自身は一番自己投影していた。

そういえば、小日向ちゃんの愛称は「ひな」ですが
大地先輩専用・・・ですよね。愛称入力しても使ってくれるのって(笑)

 

さて、ここまで自己投影やヒロインについていろいろ書いてきたが
自己投影する人も第三者視点の人も楽しめるゲームって難しいんだなと思う。
台詞がなければ自己投影しやすいかというとそうでもない。
あ、でも割と・・・ときメモGSはどっちも楽しめる!
と思うんだけど、どうでしょうか?
主人公は台詞あるから第三者視点でもいいし
パラ次第で変わるところと名前呼んでくれるところは自己投影しやすい。
いつかときメモGS4こないかなって。待ってます。

結局、書きたいことは・・・どっちも素敵!!!!
自己投影で楽しむもよし、第三者としてヒロインと攻略キャラの恋を楽しむもよし。
ただ、自己投影しやすいゲームってほとんどないな。
年を重ねると学生時代の記憶も薄くなって自己投影さらに出来ない・・・グスン。
自己投影するなら・・・玉緒さんがいいかも。
好みは嵐さんや志波くんなんだけどね。自己投影のしやすさ考えたら玉緒さんかも。

まったくまとまってない記事でごめんなさい。
この記事、書くのに3日間も書いたり消したり繰り返していた。
(後から書いたルンファ記事のほうが先にアップしたよん)
そうじゃない、そういうことが書きたいわけではないと心の中で叫びながら。
自分の文章力と語彙力のなさを痛感した。

また出直してきます。

いつもクリックしてくださりありがとうございます。嬉しいです。
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

クリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ハロプロ関連はこちら!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次